ブライダルカレーン

神社で神前式なら和装結婚式のカ・レーンへ

赤坂氷川神社で神前結婚式

赤坂氷川神社 和装神前結婚式特別プラン

赤坂氷川神社で神前結婚式をご検討のお客様は白無垢、色打掛、オーガンジー打掛、引き振袖、ドレス等衣裳の品揃えが充実のブライダルカ・レーンにご相談ください。ブライダルカ・レーンは神社様・お寺様と提携しており、衣裳レンタル・ヘアメイク・着付けなど出張でご対応させて頂いております。

経験豊かなスタッフが心込めてお手伝いいたします。

  • サービスその1 土・日・祝日追加料金不要
  • サービスその2 送料不要
  • サービスその3 出張費不要

赤坂氷川神社特別プラン

≪幸≫ 和装(お二人衣装2着+お支度) 150,000円(税別)

■新郎

■新婦

*カツラ使用なしの洋髪ヘアセットも承ります。
*写真撮影用の色打掛チェンジの場合+30,000円(税別)で承ります。

≪翔≫ 和装(お二人衣装2着+お支度) 170,000円(税別)

■新郎

■新婦

*カツラ使用なしの洋髪ヘアセットも承ります。

≪蘭≫ 洋装(お二人衣装2着+お支度)130,000円(税別)

■新郎

■新婦

挙式&披露宴プラン

≪寿≫ 和装+和装(お二人衣装3着+お支度) 230,000円(税別)

■新郎

■新婦

*カツラ使用なしの洋髪ヘアセットも承ります。

≪慶≫ 和装+洋装(お二人衣装4着+お支度) 250,000円(税別)

■新郎

■新婦

*和装の場合カツラ使用なしの洋髪ヘアセットも承ります。

≪雅≫ 和装+和装+洋装(お二人衣装5着+お支度) 300,000円(税別)

■新郎

■新婦

*和装の場合カツラ使用なしの洋髪ヘアセットも承ります。

その他のご案内

  • オプション:色々とご希望に合わせてご案内いたします
  • 親族の衣装・着付:ご列席者のモーニング・留袖やヘアセット・着付などもお任せください
  • 前撮り:挙式とは別の衣装でのお写真撮りもお任せください
  • 神社出張写真撮影:お二人の大切な挙式を記念に残す撮影もお任せください
  • 披露宴会場:挙式後のお食事会やご披露宴の会場もご紹介いたします

 

*初めての挙式でご不安なことも多いと思いますので何なりとご相談ください。
丁寧にご希望にそってご案内いたします。

挙式当日の流れ

※神前挙式の一般的な流れをご紹介します。お選びになったプランにより、進行内容や時間配分には違いがあります。

1.新婦様お仕度開始 挙式約2時間15分前

2.新郎様お仕度開始 挙式約1時間15分前

3.新郎新婦様お二人お写真撮影 挙式45分前

4.新郎新婦様リハーサル 挙式30分前

5.挙式開始

《赤坂氷川神社 式次第》

一、参進 さんしん

雅楽の音が響くなか、新郎新婦が本殿へ入場します。

一、修祓 しゅばつ

お式に先立ち、お清めのお祓いをいたします。

一、祝詞奏上 のりとそうじょう

お二人がめでたくご夫婦となりますことを神様に感謝し、これから仲睦まじく暮らせるようご祈願いたします。

一、三献の儀 さんこんのぎ

新郎新婦がより強く結ばれることを目的とした、固めの盃です。

一、御櫛預けの儀 みくしあずけのぎ

女性の分身ともいわれる櫛(くし)をご新婦からご新郎へ預けることでお二人一体となり、新しい生活を二人三脚で営む誓いを立てる、当神社ご祭神の神話に基づいた独自の儀式です。

一、誓詞奉読 せいしほうどく

夫婦が永遠の契りを神様に誓う儀式です。

一、新郎新婦玉串奉奠 しんろうしんぷたまぐしほうてん玉串を奉り、神様のご神徳を授かります。

一、指輪交換 ゆびわこうかん

お互いの指輪を交換し、永遠の契りを約束します。

一、媒酌人玉串奉奠 ばいしゃくにんたまぐしほうてん

ご両家の代表による玉串拝礼です。

一、親族結盃 しんぞくけっぱい

ご両家の皆様がご婚儀を祝福し、またご両家が強く結ばれるための固めの盃です。

6.集合写真撮影

7.お引上げ

赤坂氷川神社での挙式ご紹介

和装ギャラリーでご覧頂けます

赤坂氷川神社について

素盞鳴尊は、天照皇大神の弟神で、ヤマタノオロチを退治したことで有名です。勇猛果敢にして優しき御性格により災厄を祓い退ける「厄除け」、奇稲田姫命と結ばれたことで「良縁・縁結び」「家内安全」の御神徳ありとされております。

大己貴命は、別名「大国主命」で商売繁盛の御神徳があるといわれております。

創立の起源は、古い書物によると、天暦5(村上天皇 951)年武州豊島郡人次ヶ原(俗称古呂故ヶ岡・赤坂4丁目一ツ木台地)に祀られました。

これよりおよそ百年後の治暦2(後冷泉天皇 1066)年、関東に大旱魃が発生、降雨を祈るとその霊験(しるし)があり、以来よく祭事が行われました。

江戸時代、幕府の尊信は篤く、八代将軍 徳川吉宗公が享保元(1716)年将軍職を継ぐに至り、同141729)年に老中岡崎城主水野忠之に命じ、現在地(豊島郡赤坂今井台)に現社殿を造営、翌151730)年426日に、一ツ木台地から現在地への遷宮が行われ、28日に将軍直々の御参拝がありました。

以後十四代家茂公まで歴代の朱印状(※港区文化財)を下附され、一層の御神徳を高め、開運・厄除・良縁の鎮守神として尊崇を深められました。

アクセス

107-0052 東京都港区赤坂6-10-12

【電車】

千代田線「赤坂駅」より徒歩8

日比谷線・大江戸線「六本木駅」より徒歩8

南北線「六本木一丁目駅」より徒8

【バス】

都バス「アークヒルズ前」より徒歩8